サブスクリプション・ストラテジー

成功するサブスクリプション戦略の6つの柱

クッキー・ポカリプス」が近づく中、強力なサブスクリプション戦略の策定は、今後の収益の維持・拡大を目指すパブリッシャーにとって不可欠です。デジタルコンテンツに対する消費者の欲求が拡大し続けている今、サブスクリプションはすべてのパブリッシャーにとって基本的な収益源となるはずです。パブリッシャーの79%が、今年、サブスクリプションとメンバーシップの戦略に大半のエネルギーを注ぐつもりであることは、驚くにはあたりません。

しかし、サブスクリプションの成功は、パーソナライズされ、カスタマイズされたコンバージョンファネルを優先するデータ主導のアプローチにかかっています。ファーストパーティデータの重要性を理解しなければ、パブリッシャーは潜在的な購読者の興味を引くことができず、競合に追いつくこともできないでしょう。この記事では、パブリッシャーが成功するための購読戦略の6つの重要な柱についてご説明します。

1. 強力なファーストパーティデータ戦略

ファーストパーティデータは、パブリッシャーが潜在的な購読者をターゲットに、パーソナライズされたテーラーメイドのメッセージングを提供する力を持つため、強力な購読戦略の裏付けとなります。画一的で汎用的なアプローチではもはや通用しない状況において、ファーストパーティデータは成功の鍵となります。

ファーストパーティデータは手段です。このデータによって、パブリッシャーは読者を深く詳細に理解し、読者層をセグメント化し、顧客獲得戦略を洗練させ、既存の購読者体験を向上させることができます。

したがって、出版社の購読戦略の基本的な側面は、データ収集に磨きをかけ、顧客獲得活動をサポートする高品質で豊富なユーザー情報を確実に収集することです。これは、理論的には、パブリッシャーが読者のコンバージョンを促し、ROIを最大化する超パーソナライズされた購読戦略を設計するのに役立つはずです。

2. オーディエンスに合わせたペイウォール

購読戦略のもう一つの重要な側面は、ペイウォールです。パブリッシャーは、オーディエンスに適したペイウォールのタイプを選択する必要があります。従量制ソフトペイウォールハードペイウォールダイナミックペイウォールのいずれかを決定することで、コンバージョン率に大きな影響を与える可能性があります。

ユーザー志向の個人購読ファネルを展開しようとしているパブリッシャーにとって、ダイナミック・ペイウォールは当然の選択である。各ユーザーを同じように扱うのではなく、データ駆動型のペイウォールは、どの読者がいつコンバージョンする可能性が最も高いかを評価し、各ユーザーのペースに適応するように調整し、進化させます。リアルタイムの洞察とユーザーデータを利用することで、ダイナミック・ペイウォールは、エンゲージメントを促進し、停止率を最適化するパーソナライズされた購読ファネルを効果的に設計します。

3. パーソナライズされたサブスクリプション・ジャーニー

パーソナライズされたユーザー体験は絶対に不可欠です。消費者の80%は、パーソナライズされた体験をした場合に購入に踏み切る可能性が高いため、潜在的な購読者の注目を集めようとするパブリッシャーは、オーダーメイドの旅を提供する必要があります。

ファーストパーティデータとインテリジェント・ペイウォールの組み合わせは、深くパーソナライズされたユーザージャーニーを促進する鍵となります。

購読ジャーニー全体の自動化を支援するインテリジェント・ペイウォールは、偶然性を排除した購読戦略をサポートします。潜在的な読者層をターゲットにする最適な方法を出版社に深く理解させることで、データ主導の戦略は顧客獲得から当て推量を排除し、出版社がROIを最大化するのに役立ちます。データを活用することでパブリッシャーは顧客に合わせたアプローチのメリットを享受できます。オーダーメイドの購読パッケージを提供し、関連するコンテンツを提供し、魅力的なオファーを作成できることの価値は、いくら強調してもしすぎることはありません。

4. オーダーメイドのプランとバンドル

強力なサブスクリプション戦略は、提供するサブスクリプションプランやバンドルに関して柔軟であるべきです。パーソナライゼーションの重要な要素は、特定のオーディエンスにアピールする購読プランやバンドルを作ることです。

これをさらに発展させると、パブリッシャーは、読者が自分の好みに合う購読パッケージを動的に選択し、キュレーションできるようにすることも考えられます。例えば、サッカーのニュースに特に興味を示すユーザーは、一般的な購読パッケージを選ぶのではなく、サッカーに特化したカスタムスポーツ購読パッケージを作成することができます。あるいは、ユーザーが好むコンテンツタイプ(例えば、記事か動画か)に応じて、購読内容を微調整することもできる。企業や法人の場合、パブリッシャーは、視聴者の特定のニッチやセクターに対応するバンドルを作成することができます。

5. 摩擦を減らす

コンバージョン率を最大化するには、サブスクリプション・ジャーニーを可能な限り摩擦のないものにすることが重要です。ユーザーが遭遇する障害や摩擦点は、不満につながり、最終的には購入の障壁となります。摩擦を取り除くプロセスの一部は、パブリッシャーがペイウォールを最適化し、成功率を微調整するために継続的に改良することに依存しています。.

さらに、最終的な支払いまでのハードルをできるだけ低くし、支払いプロセスがスムーズに行われるようにしなければなりません。また、全体的な価格帯が読者の予算に見合うものであることも重要です。

6. 評価、分析、最適化

最後に、購読戦略は常に進化し続けるものであることを理解することが不可欠です。購読ファネルをテスト、評価、分析、最適化し続けることが、パブリッシャーのROIを最大化する鍵です。さらに、サブスクリプション戦略は、獲得で終わるのではなく、そのサブスクライバーを維持し、保持することにまで及ぶことを理解することが重要です。したがって、ユーザーのジャーニーのすべての段階をカバーする購読戦略を設計することは、CLVを最大化するための基本です。

それを実現する鍵は?適切なテクノロジー

サブスクリプション戦略におけるこれら6つの重要な柱を念頭に置き、パブリッシャーには、主要な監視機能と、サブスクリプションを微調整しパーソナライズする能力を提供する強力なツールが必要です。

市場には多くのツールがあるが、既存の技術スタックを考慮せずにツールを選択すると、機能がバラバラになったり、サイロ化したりする可能性があります。そのため、ベスト・オブ・ブリードのルートが好まれることが多いのです。ベストオブブリードの技術スタックは、パブリッシャーが制限なく連携する様々な最高のツールにアクセスすることを可能にし、パブリッシャーにアクティブなサブスクリプションに対するハイレベルなコマンド、サブスクリプション戦略に対するきめ細かなコントロールを与え、価値の高いリターンのためにファーストパーティデータの発見を活用するのに役立ちます。

パブリッシャーは、プロアクティブかつダイナミックにデジタルサブスクリプション戦略を構築し、テストし、改良し、最適化するために、シームレスに連携するツールを探すべきです。基本的に、購読ツールはパブリッシャーの購読ファネルに無理なく入り込み、彼らの戦略を促進し、実現するだけでなく、リターンを最大化する手助けをしなければなりません。

スターターキット:

デジタル購読で成功を

サブスクリプション戦略を最大限に活用するためのガイド

業界のリーダーから学ぶ

業界トップクラスの
知識や経験を活用

Zuoraは業界のリーディングカンパニーとして、専門家やお客様、そしてパートナーと協力し、「Subscription Economy(サブスクリプションエコノミー)®」の浸透を推進し続けています。

新しいビジネスモデル

あらゆるプロセスで動的にお客様を育てます。

Zuoraコミュニティ

同じ志を持つ専門家に相談しましょう。

Developer Resources

Zuoraテクノロジーを使って製品を開発できます。

Knowledge Center (en)

サブスクリプション時代にビジネスを成長させる方法をご紹介します。

The Journey to Usership
成功へと導く鍵が
ここにあります

顧客のニーズ、利用形態が変われば、それに合わせてビジネスを進化しなければなりません。Zuoraが提供するSubscription Economy®ソリューションはこれまで、グローバル規模で、最先端のサブスクリプションビジネスを数多く成功に導いてきました。

試してみる

Zuoraの製品を無料でお試しください

変革をリードしませんか?

サブスクリプションエコノミーによるビジネス変革への貢献をZuoraグローバルチームとともに一緒にしませんか。

成功するサブスクリプション戦略の6つの柱

To access the guide please complete the form