戦略的なガイダンス

Zuoraで営業と財務のギャップを埋める

今日の激動する経済状況において、市場環境は企業経営に変革を迫っています。投資家は、企業のトップラインの収益だけでなく、ボトムラインの財務を深く掘り下げるようになり、もはや成長だけでなく、効率的な成長にも注目しています。同時に、買い手は、特定のニーズに合わせた高価値で柔軟なサービスだけに対価を支払うことで、コスト削減を図る必要に迫られています。

営業チームが新規取引の獲得や既存顧客の維持のための創造的な方法を模索する中、財務チームは複雑な収益化の流れや革新的な価格設定モデルの台頭をサポートするための体制を整えなければならなりません。特注契約による収益の創出や、アップセルによる顧客の育成は、今日のビジネスの一部でありますが、こうしたアプローチは、単体販売価格(SSP)の配分や履行義務の決定に複雑さをもたらします。

現代のビジネスには、価格戦略を適応させ、新たな収益源を迅速に取り込み、顧客に柔軟性を提供することで、効率的に規模を拡大できるQTR(Quote-to-Revenue)アプローチが必要です。しかし、財務チームは、予約、請求、収益を効率的に調整できる必要もあります。これらの課題を克服するために、御社には3つの選択肢があります:

  1. ERPをカスタマイズ。企業資源計画(ERP)プラットフォームを継続的に更新するには、構築と維持に時間、費用、ITリソースが必要であり、複雑な収益モデルをサポートするために高度なカスタマイズが必要です。
  2. CRM(顧客関係管理)を拡張する。CRMは営業チームのために構築されたものであり、財務・経理チームのためのものではありません。そのため、CRMを適切な財務管理と一貫性のあるサービスカタログを持つシステムに接続し、下流の請求や収益認識活動をサポートすることが重要です。
  3. QTRプロセスを統一する。拡張性、柔軟性、コンプライアンスを維持するために、戦略的なディールデスクを通じて営業チームと財務チーム全体でQTRプロセスを調整します。

ZuoraでQTRプロセスを合理化

Zuoraは、自動化された請求業務の業界リーダーであり、加入者のライフサイクル全体を通して、サブスクリプション、製品、サービスのあらゆる組み合わせを見積もることができる、業界をリードする見積もりソフトウェアを提供しています。

Zuoraは企業に次のことを可能にします:
  • 価値に見合った価格モデルを設定。
  • 請求業務の合理化。
  • 最も複雑な収益化シナリオの収益認識を自動化。
  • CPQ(コンフィギュア・プライス・クォート)プロセスにおいて、営業チームと収益チームの連携を維持します。

ZuoraがQTRの成功をサポートする主な方法は4つあります。

未収収益は、長期にわたって継続的に顧客にサービスを提供するSaaSベースのビジネスにとって特に重要です。

1. 見積プロセスを通じて売上と収益を整合させる

QTRオートメーションは、CPQプロセスを情報提供し、一体となった取り組みにします。
 
  • 見積もりプロセスにおいて、サービスの柔軟性を表現する。
    わずか1ページでダイナミックなサービス条件を設定したり、複数年にわたるランプ契約を設定したり、顧客固有の価格設定や割引を調整することができます。
  • 複数年契約の見積もりを作成する
    新規見積もりのサポートを提供し、サブスクリプションの変更が財務に与える影響を測定するメトリクスにアクセスし、価値と収益に関する洞察を深めるためにサブスクライバーの履歴を確認します。
  • 見積から現金化までのプロセスを自動化
    新規サブスクリプションやサブスクリプション変更が財務に与える影響の自動化を促進し、継続的な収益のために構築されたCPQツールで複雑なサブスクリプションに対応します。
 

2. 効果的な価格設定

独自の顧客、製品、サブスクリプション、サービスのニーズに合わせて柔軟に価格設定を行うことができます。
 
  • 顧客のライフサイクルの大半を見積もる
    Zuoraは、契約期間中の多くの時点で数字が正確であることを保証するのに役立ちます。
  • 新価格の迅速な導入
    直販、パートナー、セルフサービス・ポータルにまたがる一元化された製品カタログで、時間ベースの割引、さまざまな価格帯、バンドルを作成できます。
  • サブスクリプション、消費ベースの価格設定、1回限りの料金の収益化
    Zuoraには50以上の価格設定モデルが用意されており、カスタム設定をすることなく、すべてのサービスの価格設定を簡単に行うことができます。
 

3. 請求業務の効率化

収益認識を自動化し、見積プラットフォームと同期させることで、手作業による膨大なオーバーヘッドをかけることなく、見積書に記載された内容を確実に販売・請求できるようになります。
 
  • 予約と請求データの統合
    Zuoraを通じてトラフィックと変更を促進することで、購読、プロモーション、変更などを1つの注文にまとめることができます。
  • 契約変更の自動化
    アップセル、早期更新、アドオン、ダウンセルを常に把握します。
  • 回収の最大化
    AI主導の再試行スケジュールを使用して、最適なタイミングで支払い失敗を再試行します。
 

4. コンプライアンスを高めながら収益認識を自動化

Zuoraの自動化ソリューションにより、最小限の会計コストとリスク軽減で、サブスクリプション、ワンタイムオファー、消費オファー、3つの組み合わせなど、多くの収益ストリームを認識することができます。
 
  • ASC606の全5ステップを自動化
    Zuoraは、複雑なビジネスモデルでもコンプライアンスをシンプルにします。
  • 決算プロセスの最適化
    迅速な決算をサポートし、監査における痛みを軽減する自動レボレコツールにより、ほぼリアルタイムで帳簿を照合します。
  • より正確な収益報告と予測
    Zuoraは、繰延収益と未請求収益のための事前構築されたレポートとウォーターフォールにより、取引データをより速く、より少ないエラーで集計・分析するのに役立ちます。
 

Zuoraと従来のCPQソフトウェアとの比較

サブスクリプションの見積もりは、製品の見積もりとは異なります。CPQツールは、サブスクリプションの価格モデル、ランプ、請求タイミングなど、継続的な収益取引の動的で時間を意識した側面をサポートする柔軟性に欠けることがよくあります。ここでは、Zuoraがどのように柔軟なCPQ、請求、収益認識ソリューションで見積から収益までのプロセスを合理化できるかをご紹介します。

従来のCPQプラットフォーム

CPQは下流の財務プロセスから切り離されています

販売と受注に注力

ERPの機能と手作業による回避策に依存

一回限りの製品販売と機能のために設計されています

Zuora

CPQと統合することで、より強固な財務データを充実させることができます。

営業データと財務データを統合し、営業報酬、顧客価値、事業全体に対する変化の財務的影響を測定します。

自動化により、ほぼリアルタイムで収益の流れを認識、調整、分析

QTRプロセスを調整することで、長期にわたる取引、加入者のライフサイクル中に発生する変更に対する見積もり、消費料金など、複雑な収益モデルをサポートします。

従来のCPQプラットフォーム

Zuora

CPQは下流の財務プロセスから切り離されています

CPQと統合することで、より強固な財務データを充実させることができます。

販売と受注に注力

営業データと財務データを統合し、営業報酬、顧客価値、事業全体に対する変化の財務的影響を測定します。

ERPの機能と手作業による回避策に依存

自動化により、ほぼリアルタイムで収益の流れを認識、調整、分析

一回限りの製品販売と機能のために設計されています

QTRプロセスを調整することで、長期にわたる取引、加入者のライフサイクル中に発生する変更に対する見積もり、消費料金など、複雑な収益モデルをサポートします。

潜在的な見積もり収益率を達成

今日、収益を上げるために使用しているカスタム契約や高度な収益モデルは、高度なQTRテクノロジーを必要とする財務上の複雑さをもたらします。強力で統合されたCPQ、請求書発行、収益自動化ツールを導入することで、営業チームと財務チームの同期を保ちながら、新しいサービスの収益化、機敏な請求書発行、シームレスな収益認識が可能になります。

サブスクリプション、製品、サービスのあらゆる組み合わせの見積もりと認識に特化したQTRソリューションをお探しですか?Zuoraは、貴社の財務チームが新たな成長戦略を追求し、請求業務を合理化し収益認識を自動化し、販売と請求のサイクル全体を通じてつながりを維持できるよう支援します。

財務管理のベストプラクティス

ガイド

財務管理は強力なCPQとディールデスクから始まる

製品を製造する担当者、製品を販売する担当者、製品を請求する担当者の間の部門横断的な連携としてアプローチすることで、財務チームは、見積から売上までの(QTR)プロセス全体を通してリスクを軽減しながら、営業の成功を支援することができます。

ウェビナー - オンデマンド

消費マネタイズでレジリエンスを引き出す方法

EYとZuoraのSSGチームは、企業がサービスの価値を顧客の消費意欲に近づける方法について深く掘り下げました。消費ベースのモデルのような戦略的な価格設定手段を用いることで、企業は顧客の変化する需要に柔軟に対応することができ、また、不確実な経済状況下でも収益の予測可能性を維持することができます。 今すぐ見る

ガイド

現代ビジネスのためのディールデスクの進化

組織が直面する最大の永遠の課題のひとつは、サイロ化したビジネス機能間で変革を推進することです。これに対処するため、企業は、より良い成果を達成するために、プロセスや情報のギャップを埋めるための中間チームを設立しています。例えば、「ディールデスク」は、B2B企業において、営業チームと財務チームの橋渡しをする中間チームとして登場し、財務管理を犠牲にすることなく、企業に近代的なビジネスモデルを可能にしています。

The Journey to Usership
成功へと導く鍵が
ここにあります

顧客のニーズ、利用形態が変われば、それに合わせてビジネスを進化しなければなりません。Zuoraが提供するSubscription Economy®ソリューションはこれまで、グローバル規模で、最先端のサブスクリプションビジネスを数多く成功に導いてきました。

試してみる

Zuoraの製品を無料でお試しください

変革をリードしませんか?

サブスクリプションエコノミーによるビジネス変革への貢献をZuoraグローバルチームとともに一緒にしませんか。

Zuoraで営業と財務のギャップを埋める

To access the guide please complete the form