サブスクリプション・ファイナンス

収益認識:サブスクリプション・ビジネスへのガイド

収益認識は、あらゆるビジネスにとって最も重要な会計指標の 1 つです。また、サブスクリプションの財務と会計において最も見落としやすいものの 1 つでもあります。

たとえば、3 年間の契約で月額 1,200 ドル相当の新しいアカウントを追加するとします。これはあなたの会社にとってエキサイティングな節目であり、43,200ドルの収益を上げたばかりなので、祝うに値しますよね?

いいえ、そうではありません。

標準化された会計原則に従うため、顧客にサービスを提供した後に収益を認識しなければなりません。そして、これまでのところ、契約を除いて、実際には何も提供していないことになります。

また、そのクライアントから明日 43,200 ドルすべてを送金してもらったとしても、収益としてカウントされません。なぜでしょうか?それは収益認識の原則では、会社の銀行口座の現金も収益とは見なされないからです。

混乱することがあっても、心配しないでください。サブスクリプション・ビジネスの収益認識に関するこのガイドを読み終える頃には、すべてが理解できるようになっています。

説明する内容は次のとおりです:

  • 標準化された収益認識の原則がビジネスにもたらすメリットについて。
  • 収益を正確に認識するために、すべての企業が従うべき 5 ステップのフレームワークです。
  • 一貫した財務報告を確保するための収益認識の 5 つの基準です。
  • サブスクリプションをベースとしたビジネスの収益認識プロセスの例です。

最初のトピックに入る前に、収益認識の意味を明確に理解していることを確認しましょう。

Photo of a person doing calculations on paper

収益認識とは何でしょう?

収益認識とは、会社が獲得した収益を記録する方法を参照する、一般に認められた会計原則 (GAAP)です。

なぜこの原則が必要なのでしょうか?考えてみてください。「稼ぐ」という用語は相対的なものです。売上が発生したとき、または現金が銀行口座に入金されたときに、収益が「得られた」と見なすことができます。収益認識の原則は、稼得収益を報告するプロセスを標準化し、会計帳簿にあいまいさや矛盾がないようにします。

この原則では、顧客に約束した契約上の義務を果たした後にのみ収益を認識することができることが記されています。

この原則がサブスクリプション・ビジネスにとって重要である理由は次のとおりです。

サブスクリプションをベースとしたビジネスにとって収益認識が重要なのはなぜですか?

収益認識は、納税義務、株価などに影響を与える財務報告の透明性と一貫性を提供するため、重要なものとなります。また、いつ支払いを受け取るかをよりよく理解できるようにすることで、企業がキャッシュフローをより管理するのにも役立ちます。

サブスクリプションをベースとしたビジネスでも、収益認識が重要となります。その理由は、サブスクリプションの場合、顧客は通常、受け取る製品またはサービスに対して事前に請求されるためです。製品が納品されるまで収益が認識されない場合、収益が得られてから報告されるまでに遅延が生じる可能性があります。

収益を認識するための標準処理がなければ、この遅延は、会社の財務健全性に基づく財務計画と意思決定に問題を引き起こす可能性があります。収益認識に関する Accounting Standards Codification (ASC) 606 フレームワークに従うことで、これらの問題を回避できます。

ASC 606 収益認識の枠組み

2014 年に、財務会計基準審議会 (FASB) と国際会計基準審議会 (IASB) は、ASC 606 で顧客との契約から収益を認識するプロセスを標準化しました。この標準化されたプロセスは、業界に関係なく、すべてのビジネスに適用されました。

ASC 606 に記載された 5 つのステップのプロセスに従うことで、サブスクリプション ビジネスが顧客との契約からの収益を記録する一貫した方法を確保できます。これにより、財務記録全体の一貫性も保証されます。

収益認識のための 5 つの重要なステップとは

  • ステップ 1 – 買い手と売り手の間の契約または合意を特定する。

    次のステップに進む前に、顧客とビジネスの間の販売契約または発注書を参照してください。
  • ステップ 2 – 契約に記載されている履行義務を特定する。

    サブスクリプションをベースとするビジネスでは、顧客が何に対して支払っているのかが常に明確であるとは限らないため、これは重要なポイントとなります。コンテンツへのアクセス、プラットフォームの使用、または両方の組み合わせに対して料金を支払っていますか?収益が正しく認識されるためには、これが明確である必要があります。
  • ステップ 3 – 取引価格を決定する。

    顧客が商品またはサービスに対して支払うことに同意した正確な金額を決定してください。サブスクリプションをベースとしたビジネスの場合、多くの場合、サブスクリプションのレベルに応じて取引価格が異なる、さまざまな価格モデルが存在します。収益を正しく認識できるように、契約の取引価格を決定することが不可欠です。
  • ステップ 4 – 取引価格を履行義務に割り当てる。

    履行義務ごとに認識すべき収益額を決定してください。顧客がプラットフォームへのアクセスに月額 1,000 ドルを支払うことに同意し、企業はプラットフォームが 2 つの履行義務 (コンテンツへのアクセスとプラットフォームの使用)で構成されているとします。次に、ビジネスは、コンテンツへのアクセス義務に対して 500 ドルの収益と、プラットフォームの使用料ととして 500 ドルを認識します。
  • ステップ 5 – 契約上の義務が履行されたときに収益を認識する。

    各履行義務が満たされた場合、顧客が支払った対価を得ると収益が認識されます。あなたは各顧客契約の契約上の義務が履行されたときに収益を認識するか、月末に複数の契約からの収益を認識するのを待つかを選択することができます。

収益認識の 5 つの基準

国際財務報告基準 (IFRS) によると、会社が収益を認識する前に、次の基準を満たす必要があります:

  1. 所有権のリスクと見返りは、売り手から買い手に移転された場合 (会社は製品を顧客に届ける必要があるため)。
  2. 販売者が、販売された商品を管理できなくなった場合 (顧客は製品またはサービスを使用または消費する能力を持っている必要があるため)。
  3. 商品またはサービスからの支払いの回収が合理的に保証されている場合 (会社が商品またはサービスの支払いを受け取る可能性が高いため)
  4. 収益額を合理的に測定できる 場合(会社は商品またはサービスの販売による収益を合理的な精度で計算できるため)
  5. 収益のコストを合理的に測定できる場合(会社は商品またはサービスの提供に関連するコストを正確に計算できるため)

これらの基準により、会社が提供された商品またはサービスに対する支払いを受け取る可能性が高い場合にのみ収益が認識されることが保証されます。

これらの基準をサブスクリプションをベースとしたビジネスに適用すると、顧客がサブスクリプションの料金を支払った時点で収益を認識する必要があります。例えば顧客が 1 月 1 日に 1 年間のサブスクリプションの料金を支払う場合、会社はその顧客の収益を、サブスクリプションの各月に 1 回、12 回の分割払いで認識する必要があります。

これらの基準は、一般的なプロモーションやオファー中に収益を記録する方法についても明確にします。サービスの期間限定の試用版を提供している場合、顧客は試用期間中いつでも料金を支払うことなくキャンセルできます。

無料試用期間が終了し、顧客が有料加入者になることを決定するまで、収益の回収は保証されません。顧客の支払いが記録されていても、無料試用期間中に収益を認識できないことはわかっています。

サブスクリプション・サービスにおける収益認識の例

収益認識の原則により、顧客との契約から獲得した収益を報告するための標準フレームワークが提供されます。しかし、収益を認識する慣行はどのように見えるでしょうか?それでは最初に説明した例に戻りましょう:

あなたのビジネスにはサブスクリプション・サービスがあり、月額 1,200 ドルの 3 年契約で新規顧客を獲得したばかりです。ここで、標準的な慣行として、200 ドルの 1 回限りのオンボーディング料金も請求するとしましょう。

あなたは、この収益をどうやって認識し始めますか?オンボーディング・プロセスが完了すると、$200 の収益を認識することができます。その契約上の義務は履行されています。

しかし、その 3 年契約からの収益はどうでしょうか。その契約から一度に得られると予想される総収入($43,200ドル)を認識できますか?残念ながらそうではないでしょう。最初にサービスを提供する必要があります。また、月単位の契約であるため、顧客が引き続きサービスにアクセスできるようになって、毎月 1,200 ドルの収益が得られることになります。

顧客がいつでも契約をキャンセルすることを決定した場合でも、財務諸表は正しいままとなります。顧客が実際にサービスを使用した月の獲得収益のみが認識されます。

バンドルと割引により複雑な収益認識について

あなたの会社のソフトウェアの価格が年間 800 ドルで、トレーニングに年間 200 ドルかかるとします。これら 2 つのサービスをまとめてソフトウェアを 500 ドルの割引価格で販売し、トレーニングを無料で提供した場合、収益を生み出すことを踏まえるとトレーニングに価値はなくなりますか?

現在の収益ガイドラインでは、企業は個々のオファリングの SSP を見積もり、相対的な SSP に基づいて各オファリングに契約の合計取引価格を割り当てる必要があります。

これらの例がどのように展開されるかを次に示します:

  • ソフトウェアの SSP は 800 ドル、トレーニングの SSP は 200 ドルです。
  • ソフトウェアとトレーニングを一緒にバンドルすると、バンドルの 80% がソフトウェアに割り当てられ、20% がトレーニングに割り当てられます。
  • 顧客はその契約に対して合計 500 ドルを支払ったため、トランザクション価格の合計は 500 ドルです。
  • この特定の取引の取引価格は500ドル だったので、その 80% (400ドル) はソフトウェアの収益に割り当てられ、20% (100ドル) はトレーニングの収益に割り当てられます。

バンドルされた取引の割り当てを計算する方法については、多くのガイダンスがあります。しかし、自動化されたソリューションなしで、何千もの契約に対してそのようなアドバイスを実装することを想像できますか?これにより、収益チームが混乱するだけでなく、価格設定とバンドルの変更を展開するペースが遅くなってしまいます。

新しいパッケージングまたはバンドル戦略の実装を考えていますか?収益の自動化がなければ、価格設定とバンドルの決定が、財務チームにとって収益の悪夢を生み出す可能性があります。自らに問いかけてみてください:

  • バンドルを個別の要素に体系的に分離 (または「分解」) するプロセスを自動化する機能はありますか?
  • バンドル内の各要素に SSP を決定して適用するプロセスを自動化する機能はありますか?
  • 私たちには、バンドル内のさまざまな要素に取引の取引価格を割り当てるプロセスを自動化する機能を持っているのでしょうか?

収益認識の自動化をしたらどうでしょうか?

「設定だけして忘れちゃって?」という言葉を聞いたことがありますか。一言で言えば、これが収益認識の自動化です。プロセスを自動化することで、会計と正確な分析の一貫性が向上します。収益の自動化は、サービス提供を再構築しながら、財務の才能を再編成するテクノロジーの力を利用してビジネスを強化します。

これにより、企業は従業員が単調なタスクに時間を費やさないことで、エラーを減らすことができます。単調なタスクは、しばらくすると手動プロセスの絶え間ない往復に基づいてエラーのフィールドになる可能性があります。

収益の認識は、ボリュームと複雑さが時間の経過とともに増加するため、一貫性があり正確なトップ ツー ボトムのプロセスである必要があります。 IRS は、収益がどのように追跡され評価されるかを確認したいのです。企業は、帳簿がスプレッドシートに保存されていることに依存すべきではありません。ヒューマン・エラーの脅威を排除するこの種のベスト・プラクティスを確立することで、多くの企業がさらなる経済的利益を期待する会計慣行に一貫性が生まれますが、全体的な数値を明確に把握できる実際のスルーライン(直通線)もあります。

Overhead photo of people walking

ウェビナー

2022 年の収益自動化の状況を見る: ASC 606 & IFRS 15 を自動化する適切なベンダーを選択する方法

これまでに入手可能な収益自動化に関する唯一のアナリスト・カバレッジである、 MGI Research の 2022 年自動収益管理(ARM)のためのバイヤーズ ガイドによる重要な洞察をお見逃しなく 。

重要なポイント - 収益認識に関するよくある質問

収益はあらゆるビジネスの生命線であるため、企業は収益を記録するための、一貫した正しい方法に従う必要があります。収益認識の原則では、そのためのガイダンスを提供します。収益認識に関する一般的な FAQ に答える重要なポイントのいくつかを次の通り紹介します。

サブスクリプションの収益はいつ認識されるべきでしょうか?

収益認識は、顧客から支払いを受け取り、会社が顧客契約に記載されている履行義務を果たした(つまり、サービスを提供した)ときに収益が認識されることを示しています。

年間契約のサブスクリプションの収益はいつ認識できますか?

月次サービスを提供する場合、顧客が支払った直後に年間契約からの収益を認識するべきではありません。代わりに、顧客がサービスの毎月の分割払いへのアクセスを受け取るため、一度に 1 か月ごとに収益を認識する必要があります。

ASC 606 に従って収益を認識するための 5 つのステップは何でしょうか?

ASC 606 は、収益を適切に認識するために従わなければならない 5 つの具体的な手順を紹介します:

  • ステップ 1 – 買い手と売り手の間の契約または合意を特定する。
  • ステップ 2 – 契約に記載されている履行義務を特定する 。
  • ステップ 3 – 取引価格を決定する。
  • ステップ 4 – 取引価格を履行義務に割り当てる 。
  • ステップ 5 – 契約上の義務が履行されたときに収益を認識する。

段階的な収益認識フレームワークに従うことが不可欠なのはなぜでしょうか?

ASC 606 に定められた 5 段階の収益認識フレームワークを順守することにより、企業は、一般に認められた会計原則 (GAAP) に準拠した一貫した方法で収益を認識していることを確認できます。

収益認識の原則はサブスクリプション ビジネスにどのように役立ちますか?

収益認識の原則は、多くの場合、年次および月次の定期的な収益源があるサブスクリプション・ビジネスにとって特に重要となります。収益認識の原則は、サブスクリプション・ビジネスが収益を記録する際に従うべき一貫した方法のフレームワークを提供します。また、サブスクリプション・ビジネスが売上を過大または過小評価しないようにします。

Motion Lights

Zuoraの最新情報

最新の製品アップデートを見逃されましたか?Zuoraの最新かつ最高のイノベーションを知りたいと思いませんか?四半期アップデートをチェックし、最新のリリースを学びましょう。

世界中の一流企業はZuoraを使用しています。

Zuoraを稼働することで、ヘルスケア業界や医療従事者のニーズに合わせて、ダイナミックに進化するサービスをベースにした、顧客に持続的な価値を提供する体制が整います。

– ラフマ・サモウ

シーメンス ヘルスィニアス デジタルヘルス グローバル責任者

Photo of a man laying on an MRI machine

業界のリーダーから学ぶ

業界トップクラスの
知識や経験を活用

Zuoraは業界のリーディングカンパニーとして、専門家やお客様、そしてパートナーと協力し、「Subscription Economy(サブスクリプションエコノミー)®」の浸透を推進し続けています。

新しいビジネスモデル

あらゆるプロセスで動的にお客様を育てます。

Zuoraコミュニティ

同じ志を持つ専門家に相談しましょう。

Developer Resources

Zuoraテクノロジーを使って製品を開発できます。

Knowledge Center (en)

サブスクリプション時代にビジネスを成長させる方法をご紹介します。

The Journey to Usership
成功へと導く鍵が
ここにあります

顧客のニーズ、利用形態が変われば、それに合わせてビジネスを進化しなければなりません。Zuoraが提供するSubscription Economy®ソリューションはこれまで、グローバル規模で、最先端のサブスクリプションビジネスを数多く成功に導いてきました。

試してみる

Zuoraの製品を無料でお試しください

変革をリードしませんか?

サブスクリプションエコノミーによるビジネス変革への貢献をZuoraグローバルチームとともに一緒にしませんか。

収益認識およびサブスクリプション・ビジネス |Zuora

To access the guide please complete the form