Whitepaper

継続的な会計処理により、サブスクリプションビジネスの業績を向上

Ventanaによる調査レポート

経常収益源を持つ企業は、従来型の企業と根本的に異なります。これらの企業は、事業の成長には、商品を重視するのではなく、顧客を中心に置く必要があることを認識しています。しかし、従量課金ベースのサービス、専門サービス、物理的商品など、複数の商品・サービスを提供することに加え、経常収益を管理するとなると、収益認識がかなり複雑になってしまいます。市場調査会社であるVentana Research社は、競争力を獲得するために、経常収益源のある企業が継続的会計アプローチを採用することを強く推奨しています。継続的会計アプローチは、かつて商品の市場投入における柔軟性を制限していた業務上の制約が撤廃されるだけではなく、バックオフィスプロセスを合理化し、会計決算プロセスを短縮し、顧客満足度を向上させ、人為的ミスのリスクを大幅に軽減します。

Ventana Researchによるこのホワイトペーパーでは、継続的な会計アプローチがいかに有用かについて説明されています。

  • 財務データの整合性を確保
  • 決済を阻む要素を排除
  • 報告と応答性の向上
  • リアルタイムの見える化を実現
  • マーケティング手法と営業活動の可能性を解き放つ

継続的な会計処理により、サブスクリプションビジネスの業績を向上

継続的な会計処理により、サブスクリプションビジネスの業績を向上

リクエストをお送りいただき、ありがとうございます。

Download Now